アンティーク家具カテゴリー 



  Louis  Majorelle 
ルイ・マジョレル レディテーブル
こちらは、1897年以前につくられた、ルイ・マジョレル作のテーブルです。
マジョレルは、19世紀の終わりから20世紀初旬に活躍した有名な家具製作者です。
彼の名前が売れたのはアールヌーヴォー様式の作品を手がけるようになってからでしたが、有名になるまではこの作品のようにナポレオン3世様式のものも製作していました。
ご覧いただけるように 全面をヴェルニマルタンが覆ったこちらの作品は、見る者すべての目を奪う、非常に贅沢でレアな作品です。

側面四面はもちろん、脚の先にいたるまでヴェルニマルタンで覆われたこのデザインは、他で見ることはできません。
ボディや脚元に付けられたブロンズは花のモチーフが象られており、 このような細やかな場所にも手がかけられていることからも、全体が丁寧にデザイン・製作されたものであることがわかります。
天板を開けると鏡と収納スペース、その下には引き出しがつき、大きさこそベッドサイドテーブルですが、仕様はレディテーブルとも言えますね。
ミラーは、貴重なオリジナルのカットガラスです。

そしてやはり目を見張るのは、天板。
孔雀の羽とエンジェルを中心にデザインされたヴェルニマルタンは、精巧に描かれた絵画そのものです。
優しく微笑む天使はまるでパステル画のようで、見る者の目を惹き付け、そして和ませます。
指でなぞれば、まるで使い込まれたレザーのような、 ヴェルニマルタンの柔らかな質感・・
長い長い時間を経て得られるこの深い色やテクスチャーは、「唯一無二」の言葉に尽きます。

このテーブルの下にはマジョレルのステッカーも残されており、そのステッカーに記されている住所から、1897年以前の工房で造られたものであることが判明しました。(その年にマジョレルは新しい場所へ工房を移した との記述が残されていたのです)
高い技術とデザイン性で卓越した才能を発揮した、ルイ・マジョレル。彼の作品は、大変多くの人に愛されました。
現代にも数々の素晴らしい作品が大切に受け継がれてきていますが、ナポレオン3世様式のものは数が多くありません。
その数少ない作品の中でも 素晴らしい芸術性と最高ランクのコンディションで残されたこちらは、実に希少な一台と言えるでしょう。

時間を忘れていつまでも眺めていられる、珠玉のアートです。 ぜひご自身の目で見て触れていただきたい、そんな一台です。

タイプ: レディテーブル スタイル: Louis XV 年代: 1897以前 輸入国: France - Nancy
材質 ボディ: ブナ/マホガニー 表面: 仕上げ: ヴェルニ・マルタン
サイズ 横幅: 30 cm 奥行: 30 cm 高さ: 74.5/99.5 cm
商品番号: LPC368 / 在庫有り
税込価格: 1 210 300 円
在庫店舗: ブティック
お電話でもご注文頂けます:
045-294-3243/080-7133-0077
(毎日10:00時~20:00時) 


メールでもご注文頂けます:
laurent@laurentcluet.jp