アンティーク家具カテゴリー 



店主が買い付けのため渡仏いたしますので、10月4日より営業日時に変更がございます。
◆•月曜〜金曜 9:30〜17:00 営業 •土曜 ご予約制 •日、祝 休業◆
となります。土曜日にお越しの場合は、前日15時ごろまでにご連絡くださいませ。
期間は店主が日本に戻るまで、およそ11月半ばごろまでを予定いたしております。
なお、ウェブ販売やお問い合わせは通常通り承りますので、お気兼ねなくご連絡くださいませ。
laurent@laurentcluet.jp
080-7130-0077 / 080-7133-0077
期間中にはご不便をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

  Ecran de cheminée doré 
ゴールドアンティークファイヤースクリーン
こちらは1900年ごろつくられたファイヤースクリーンです。
あばら上に彫り込まれた支柱とそれに絡めたリボン、トーチ、トップには薔薇のリースと揺れるリボン・・ルイ16世様式ファンには馴染みの深いモチーフがいたるところに飾られ、さらにゴールドでまとめられたスクリーンフレームに目を輝かせる方も少なくないでしょう。
スクリーン部分には光沢のあるルイ16世様式の生地を使用し、エレガントな印象はさらにアップしました。

本来ファイヤースクリーンは、暖炉の前に置いて温度調節に使われたり、オフシーズンに暖炉の中を隠す役割として活躍しました。
現代では暖炉にはドア付きのものが増え、また暖炉を持つ邸宅そのものが少なくなっていますので、フランス現地でもお部屋の雰囲気作りのためのデコレーションとして置かれることが多いようです。
とはいえ フランスのサロンと言えば、私達の頭の中に必ずと言っていいほど登場するファイヤースクリーン。スペースをとらずにフランスの空気をたっぷりと放出してくれる優れたインテリアとして、ぜひご愛用ください。

タイプ: ファイヤースクリーン スタイル: Louis XVI 年代: circa 1900 輸入国: France
材質 ボディ: ブナ 表面: 仕上げ: ゴールド
サイズ 横幅: 63.6 cm 奥行: 35 cm 高さ: 104.5 cm
商品番号: LPC453 / RESERVED
税込価格: 164 500 円
 
お電話でもご注文頂けます:
045-294-3243/080-7133-0077
(毎日10:00時~20:00時) 


メールでもご注文頂けます:
laurent@laurentcluet.jp